介護業界とは…「汚い」

LINEで送る
Pocket

介護業界とは…

一般的なイメージの、いわゆる「3K」と呼ばれるものには、「キツイ」「汚い」「危険」と言うものがあります。

 

「汚い」

これは一般的なイメージ通りの、汚物処理です。

タイトル通り、少々汚い話になってしまいますが…

ところが、おむつ交換、トイレ誘導…くらいでしょ?

普通に赤ちゃんと一緒で、拭いて変えればいいんでしょ?

で済まされないのが介護施設。

もちろん大半はこの様な方。

ですが、高齢者って何かと便秘がちなんです。

そして施設の看護師は、何故か排便にこだわる…

高齢者に限らず、排便のペースは人それぞれあります。

毎日の方や、2日に1回、3日に1回…

それなのに看護師は2日出ていないと大騒ぎ。

すぐに下剤を飲ませたがるのです。

それでなくても、高齢者って比較的便が緩めの傾向があるんです。

下剤を飲んだ日の夜中…

出る方は出ますよね。

それも大量の緩い便が。

もちろん漏れます。

便の海です。

誰が片付けますか?

介護職員です。

他にも認知症の方が多くいらっしゃいます。

便って何?食べ物??

みたいな感じです。

口に入れるし、服には付けるし…

なんて言うのはまだかわいいものです。

ベッドに付けるし、布団に付けるし、壁には付けるし、靴で踏んだまま徘徊…

誰が片付けますか?

介護職員です。

恐らく「汚い」と言われる物の大半が、この便問題ではないでしょうか。

 

他にも、高齢になって来ると、力が弱くなって来るのです。

その為に、トイレに座ろうとちょっと前かがみになると尿が漏れてしまったり…

ズボンを下ろすと、開放感の為に尿が出てしまったり…

介護職員はつかまらないと立てない方や、ズボンを下ろすと言う行為が分からない方の、ズボンを下ろしたりするのです。

するとこちらがズボンを下ろしている途中にも関わらず、尿漏れ。

その尿はどこに行きます?

介護職員の手です。そしてズボン。又は床。又は便器の淵。

普通にトイレに行くだけなのに、着替えとトイレ掃除をする羽目になります。

毎回途中で漏れてしまう方なら、座るギリギリまでパットを当ててたりするのですが、まさかこの方が…と言う事もそれなりにあります。

 

そして、乾燥肌の高齢者。

私たちも乾燥はしますが、その乾燥具合が普通じゃないのです。

皮膚が粉を吹き、その粉が舞います。

入浴時などの更衣介助の時は、服を脱がせると粉が舞います。

その粉は、もろに介護職員に降りかかります。

髪も白くなり、鼻に入るのかくしゃみが頻発します。

よく考えると、高齢者の皮膚が鼻に…と思うと…

 

排泄介助に限らず、「汚い」と言われるものには、以上のものも含まれるでしょう。

他にも細かくあげれば、よだれ…とかもあるでしょうね。

でも、そこまで気にしてたら仕事になりませんので、介護職員はそこまでは気にしてはいないでしょうね。

マスクで予防したりしてると思います。

1番は、下剤による便の海、高齢者の便いじりでしょうね。

 

そして3つ目の「感染」です。

長くなるので次へ…

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です