なぜ転職を考えるのか「ブラック企業」part1

LINEで送る
Pocket

介護職員はなぜ転職を考えるのか…

他の企業でも多いとは思いますが、「残業」が多い施設も多いのです。

 

残業

基本的に大体の施設では、シフトが組まれています。

早番、日勤、遅番、夜勤。

常に施設には誰かがいる状態にはなっています。

例えば、施設によっては早番の仕事が終わらなかった場合、遅番に引き継ぐ。

遅番の仕事が終わらなかったら、夜勤に引き継ぐ。

このような形を取っている施設は、基本ほぼ残業はありません。

引き継がれた職員も、自分も引き継ぐ事があるので、それはお互い様。

残りは代わるから早く帰っていいよ、と言ってくれる場合も多いのです。

定時の時間に、入居者からのコール対応中、と言う場合も多いので、とても助かります。

しかし、仕事が終わらなかった場合、誰も引き継いでくれず、終わるまで帰れない。

どう頑張っても時間内に終わらせられる業務内容ではなく、残業するのを前提に業務内容が組まれている施設も存在します。

ただでさえ人手不足で仕事量も多く、そして重労働。

残業などしている余裕などないのです。

毎日3,4時間残業は普通です。

夜勤の時でも残業はあります。

私は18時間夜勤(そのうち休憩2時間)の所を知っていますが、業務が多い為休憩も取れず、夜勤が終わっても人手不足で日勤帯の職員がおらず、そのまま残業。

結局24時間勤務になっていた、と言う事もあります。

そして人手不足の為、無理なシフトを組まされるのです。

夜勤明けの次の日にまた夜勤、夜勤明けの次に日に早番。

体を休める時間もありません。

その為に体調を崩す職員も出てくるのです。

急な欠勤の場合は、遅番で出勤しそのまま夜勤、早番で出勤し1度家に帰り夜勤で呼び出される事もあります。

基本的に、パート・派遣社員が多い職場は、パート・派遣は夜勤が出来ない為に、正社員が夜勤を全て請け負う場合が多いです。

稀に夜勤専門の派遣社員もいますが。

その場合は、正社員の人数も多い場合は、月に夜勤が4,5回が平均的ですが、正社員が少ない場合は月に夜勤が7~10回入る場合もあります。

夜勤手当が少ない施設の場合、1か月ほぼ夜勤しかないのにも関わらず、給料があまり変わりません。

しかも夜勤が多い為、日勤帯が月に1,2回と言う事もあります。

これでは体調を崩す職員がいても、仕方ありません。

転職を考えるなら、その施設のパート・派遣社員の人数、正社員の人数、そして平均の残業時間を確認した方がいいです。

しかし、残業時間など誤魔化す施設も存在するので、見極める事も大切です。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です