有料老人ホームとは…

LINEで送る
Pocket

有料老人ホームとは…
民間事業者などが、都道府県に届け出て運営する介護施設で、介護付き」「住宅型」「健康型があります。
入居者の介護度は様々で、要介護3以上の入居者も多くなってきています。
経営的には、報酬単価が高い要介護者を受け入れる傾向が高まってきています。
介護職員や看護師など、職員の配置人員が決まっています。
介護職員が、入居者3人に付き1人、2.5人に1人など施設によっても違いますので、介護職員の配置人数が多い施設の方が、手厚い介護を受けられるでしょう。
施設により、食事内容や余暇活動のスタイルが大幅に異なります。
ホテルの様な食事を提供する施設や、余暇活動を行う余裕のない施設もあります。
事前の説明ももちろんですが、実際に目で見て確認する方がよいでしょう。
費用は…
入居時に入居一時金と、毎月の月額利用料がかかります。
立地や設備などにより、入居金が無料から数千万円までと、施設により異なります。
入居金が高額な施設は、ホテルのような高級感があり、食事や余暇活動に力を入れている傾向がみられます。
比較的、自立されている入居者が多くみられます。
月額利用料には、賃料・管理費・食費・水道光熱費が含まれます。
平均月額12万~30万円程度になります。
その他に、保険の1割負担や、必要なら医療費、オムツ代などが別途かかります。

入居基準は…
原則65歳以上の方が多いですが、50歳から入居可能など、独自の基準を設けている施設もあります。
施設により要介護認定を受けていなければいけない、などの基準を設けている施設もあります。
24時間看護師を配置している施設もあり、認知症・胃ろう・IVHなど重度な病状や、梅毒・結核・MRSAの感染症を患っていても入居可能な施設もあります。
様々な症状を抱えていても、一度施設へ相談してみると受け入れが可能な場合もあります。

LINEで送る
Pocket

“有料老人ホームとは…” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です