いわゆる老人ホームとは…

LINEで送る
Pocket

いわゆる老人ホームとは…
一般的に要介護認定を受け、かつ自立生活が困難な高齢者が入所する施設です。
近年、要介護者の増加・介護者の高齢化・老々介護などといった、高齢化に伴う介護の問題があげられます。
要介護者の受け入れ先や、介護者の身体的・精神的負担を軽減する目的のひとつに、この老人ホームがあります。
老人ホームで受けられる介護保険法上のサービスとしては、施設サービス・特定施設入居者生活介護があります。
法律上、これらに該当するものは、有料老人ホーム・老人福祉施設があります。
施設サービスを受けられる施設は、老人福祉施設。
特定施設入居者生活介護は、有料老人ホーム、ケアハウス、グループホームなどがあげられます。

 

施設サービスとは…
介護保険上、施設サービスを受けられるのは、老人福祉施設だけになります。
老人福祉施設は、
・特別養護老人ホーム
・介護老人保健施設
・介護療養型医療施設
の3施設になります。
施設サービスとは、施設に入所して受けるサービスの事を言います。
要介護1以上の高齢者が利用する事が出来ます。
1人1人の体の状態や、必要としているサービスなどに応じた施設に入所する事が出来、ケアマネジャーが作成する施設サービス計画に従って、サービスが提供されます。
食事・排泄・入浴などのサービスの他、介護老人保健施設や介護療養型医療施設では、医師の管理の下の介護やリハビリテーション、療養管理、看護などのサービスも提供されます。
この特別養護老人ホームなどの3施設でも、短期入所生活介護(ショートステイ)などは、居宅サービスの提供になります。

 

特定施設入居者生活介護とは…
特定施設入居者生活介護は、特定施設に入居している要介護者に、その特定施設内において介護サービス計画に基づいて行われる、入浴・排泄・食事など、その他の日常生活又は療養上の世話、機能訓練を指します。
要支援者は、介護予防特定施設入居者生活介護になります。
特定施設とは、民間事業者などが都道府県に届け出て運営する、有料老人ホーム・ケアハウス・グループホームなどがあります。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です