介護付き有料老人ホームとは…

LINEで送る
Pocket

介護付き有料老人ホームとは…

特定施設入居者生活介護の指定を受けている、民間事業者が運営する施設です。
特定施設入居者生活介護の指定を受けている為、施設常駐のスタッフによる介護サービスを受ける事が出来ます。
食事や清掃、身体介護、リハビリ、サークル活動、レクリエーションなど、施設のスタッフによる幅広いサービスが受けられます。
受け入れる高齢者の要介護度の幅と、提供するサービスの幅が広く、施設によって異なります。
介護度が重い方が多い施設に、自立の方が入ると、窮屈に感じる場合もあります。
施設のスタッフの人数が限られている為、どうしても介護度の重い方がサービスも多く入っている為、優先になりがちで、自立している方に手が回らない傾向がみられます。
介護付き有料老人ホームでも、「一般型」「外部サービス型」の2種類があり、
「一般型」では外部サービスが受けられず、施設のスタッフによるサービスのみ受けられます。
介護スタッフの人数が限られている為、施設側のペースで介護を受ける事になりがちです。
介護度が低い場合で、介護サービスをほとんど利用しない場合でも、介護費用は一定額です。
「外部サービス型」では、「住宅型有料老人ホーム」のサービス内容とほぼ同じで、外部サービスを利用する事が出来ます。
その為、施設のスタッフの人数が少なくても、外部サービスを利用する事により、比較的自分の好きな時間にサービスを受ける事が出来ます。
介護付き有料老人ホームの選択は、施設側のサービス内容をきちんと確認する必要があります。

メリット

施設常駐のスタッフによる介護サービスを受けられる為、24時間体制で介護サービスを受ける事が出来ます。
施設により、介護職員だけでなく、看護職員も夜間常駐している所もあります。

レクリエーションや共用設備が充実しています。
しかし、施設のスタッフの人数が足りない場合などは、レクリエーションが少なかったり、実施しなかったり、と言う施設もみられます。
レクリエーションを重視する場合は、施設に確認したり、あらかじめレクリエーションを行っている時間帯に見学に行くなど、確認した方がいいでしょう。
午前・午後の2回行っている施設と、午後のみ行っている施設が多いです。

重度の介護状態でも、住み続けられる施設もあります。
看取りまで行っている施設もあります。
その場合は、医療機関と提携しており、緊急時は医師が施設まで来訪するので、施設内で診察を受ける事が出来る施設もあります。

医療ケアに対応する施設が多いです。
看護師が常駐している為、簡単な医療処置を受ける事が出来ます
胃ろう、褥瘡などがあっても、受け入れ可能な施設が多いです。

施設の数が多い為、選ぶ側の選択肢が幅広くあります。
費用やレクリエーションなど、何を重視するかある程度考え、希望に合った施設を探す事が出来ます。

デメリット

民間事業者が運営している為、他の施設に比べて費用が高い傾向がみられます。
費用が高い施設は、自立している方が多く、レクリエーションなどの娯楽系サービスが充実している傾向がみられます。
逆に費用が安い施設は、介護度が重い方が多く、身体介護などが重視され、スタッフの人数も限られている為、レクリエーションなど娯楽系サービスがほとんど行われていない施設もみられます。

自立している方が入居出来る施設が少ない傾向がみられます。
入居一時金や月額利用料の費用が高い施設は、自立している方を多く受け入れる施設が多く、費用が安い施設は、介護度が重い方を多く受け入れる施設が多くみられます。
民間事業者が経営している為、この様な傾向がみられます。

費用

入居時に入居一時金の他、毎月月額利用料がかかります。
入居一時金は立地や設備などにより、無料の施設から、数千万円かかる施設もあります。
無料の施設の場合は、月額利用料を高めに設定している施設もあります。
毎月かかる月額利用料は、平均10万円~30万円程度です。
退去した場合の入居一時金の払い戻しや、月額利用料の内訳は、利用する施設によって異なるので、施設側に確認する事が必要です。
費用に見合った施設かどうかも見極める必要があるでしょう。

サービス

介護職員による食事介助や排泄、入浴などの身体介護、各種レクリエーション。
看護師による服薬や健康管理、医療処置。
理学療法士や作業療法士、相談員などによる、リハビリテーションやカウンセリング。
管理栄養士や調理師による、食事の提供などのサービスが受けられます。
清掃や洗濯などは専門のスタッフがいる施設や、介護職員が行う施設もあります。
服薬も施設によって異なりますが、介護職員が行う施設が多い傾向がみられます。
理学療法士や作業療法士は常駐ではない施設も多いので、リハビリテーションを重視するなら、施設に確認した方がいいでしょう。
通院などの送迎や付き添いのサービスも提供されます。

設備

基本的な設備は、居室、浴室、トイレなどの共同設備、リビングやダイニング、コミュニティルームや団らんスペースの他、
理美容室、医務室、キッチンや売店など、入居者の要望や入居費用に応じて、豊富なバリエーションが見られます。

基本的に居室は個室ですが、稀に多床室がある施設も見られます。
2人床や3人床の居室の場合は、月額利用料を低く設定している施設が多いです。
ほとんどの施設が、ベッドは設置してありますが、合わない場合は外部サービスや自費で変更する事が出来ます。
クローゼットも設置している施設が多いですが、入居者が今まで使用していたタンスなどを持ち込む事も可能です。
他にもテーブルやイスなど、今まで使用していた物を持ち込む事が出来ます。
入居者の住み易いように、居室の広さなどで制限もありますが、自由に設置する事が出来ます。

浴室は、個浴、機械浴、大浴場など施設によって異なります。
自立している方や、浴槽を跨ぐ事の出来る入居者は、介護職員付き添いの下、個室を利用する事が出来ます。
車いすの方や寝たきりの方は、ストレッチャーなどの機械浴を利用する事が出来ます。
3人~7人程度が一度に利用出来る、大浴場が設置されている施設もあります。
基本的に自立していて、自分で入浴出来る入居に限られますが、温泉の様な浴室がある施設もあります。

トイレは、各居室内に設置している施設がほとんどでしょう。
居室内のトイレの他に、共有スペースにも設置されています。

ほとんどの施設に食堂があり、入居者は食堂で食事を取る事になります。
体調不良の場合や、本人希望などで居室で食事を取る事も可能です。
食堂が団らんスペースになっている施設もあります。

その他に、アトリエ、麻雀、図書室、ビリヤード、機能訓練室、フィットネス用具などの設備がある施設もあります。
施設によっては、ゲストルームがあり、遠方から来た面会者が宿泊する事が出来ます。

入居一時金や月額利用料に大きく影響してくるのが、この設備の仕様です。

入居の基準

基本的に幅広い状態の方を対象としています。
原則65歳以上の方を対象としている施設が多いですが、50歳以上から受け入れ可能となっている施設もあるので、希望する場合は確認してみた方が良いでしょう。
「要介護1~65歳~」
「感染症にかかっていない」
「身元引受人がいる」
など独自の基準を設けている施設もあります。
医療体制なども異なるので、受け入れ可能かどうか確認する必要があるでしょう。

入居難易度

施設数も多く、立地や設備などの条件が良ければ費用が高めになるので、待機者がほぼありません。
しかし入居率も82.2%と高いので、早めに確認した方が良いでしょう。

LINEで送る
Pocket