健康型有料老人ホームとは…

LINEで送る
Pocket

健康型有料老人ホームとは…

民間事業者が運営している、家事手伝いなどのサポートを受けられ、日常生活を楽しむ為の設備が充実している施設です。
基本的には、自立している方、又は要支援の方を対象としています。
その為、介護度が上がると、退去しなければなりません
介護施設と言うよりは、家事が面倒、万が一の時に1人だと不安、と考える方の為のサービスアパートと言う趣です。
レクリエーションやイベント、行事などが充実している為、個人で悠々自適な生活よりは、ホームで新たな出会いや趣味のスタートなど、アクティブに過ごしたい方には充実した日々が送れるでしょう。
全員が自立している方なので、友達は出来やすいと思います。

メリット

ほとんどの家事を施設スタッフに依頼出来ます。
面倒な料理や洗濯、掃除などはスタッフにお願い出来ます。
しかし、たまにはちょっと料理がしたい場合などは、居室に簡単なキッチンが付いている場合が多いので、入居者が料理する事も可能です。

図書室、スポーツジム、シアタールームなど、趣味や娯楽の為の設備が充実しています。
介護施設と言う感じではないので、生活を楽しむ為の設備が充実しています。
同じ建物の中にいながら、色々な活動が出来、またそこで他の入居者と交流を深める事も出来ます。

外部サービスを利用する事で、軽度の要介護状態に対応出来ます。
ただし、あまり介護度が重くなると退去になってしまうので、要支援までの対応だと思っていいと思います。
施設によって基準が違うので、入居前にどの程度まで可能なのか、確認しておく事が大事です。

デメリット

重度の介護状態では、基本的に住み続けられません
基本的に入居基準が、自立・要支援となっているので、それ以上になってしまうと退去しなければなりません。
あらかじめ、どの程度まで可能なのか確認しておきましょう。
もし介護が必要になった場合に、退去する契約の場合と、介護付き有料老人ホームと提携しており、そこへ移れるシステムを採用している施設もあります。

介護度が高いと、介護サービス費用が割高になります。
外部サービスを利用する為、サービスを使ったら使った分だけ、費用がかかります。
介護度が高くなると、それに応じて費用も高くなります。
いずれにしても、介護度が高くなると退去しなければいけないので、早めに他の施設へ移動するなどした方が、費用が安く済む場合があります。

費用

施設へ入居する場合は、入居時に入居一時金、毎月支払う月額利用料があります。
入居一時金は無料~数千万円、月額利用料は月10万~40万円程度です。
入居一時金の金額が、他の施設に比べ、少し高めに設定されています。
施設の設備などによって、費用が変わってきます。
介護度が重くなると退去しなければいけないので、入居前に、退去の場合はいくら返金があるのかなど、確認しておきましょう。

入居基準

基本、自立の方、要支援の方を対象としています。
大体60歳以上を入居基準にしている施設が多いです。
その他、
「伝染病がない」
「身元引受人がいる」
など、施設独自の基準を設けている施設もあります。
介護度が重くなったり、認知症を発症したり、医療行為が必要になったりした場合、退去する事になります。

サービス

施設スタッフによる、見守り、食事、掃除、洗濯、緊急時の対応など、主に生活支援サービスになります。
近隣の医療機関と提携しており、定期的なメディカルチェックや、必要に応じた治療などのサービスを受ける事も出来ます。
介護サービスは、外部のサービスを利用する事になります。

設備

一応バリアフリーになっていますが、介護・医療に特化した特別な設備はない考えてよいでしょう。
基本的に重視しているのが、日常の生活を楽しむ為の設備なので、図書室、スポーツジム、シアタールーム、カラオケ、園芸、アトリエ、麻雀、プールなどの、趣味設備・健康設備が充実しています。
居室は個室で、食堂・リビングなどの共有設備があります。
他にも、理美容室、医務室、売店などがある施設もあります。
他の有料老人ホームと違いが大きいのが、居室にトイレ、浴室、キッチンなどがあり、普通の家と変わらない設備がある事です。
間取りや広さも、施設によって様々です。

入居難易度

健康型有料老人ホームは、全国の有料老人ホームに占める割合が1%以下です。
施設数も少ないですが、入居一時金などが高額で入居者も限られている為、条件が合えばそこまで難しくはないでしょう。
しかし、介護度が重くなると退去しなければならないので、他のシルバーマンションや高齢者向けマンションなども視野に入れて検討してもいいでしょう。

 

LINEで送る
Pocket

介護付き有料老人ホームとは…

LINEで送る
Pocket

介護付き有料老人ホームとは…

特定施設入居者生活介護の指定を受けている、民間事業者が運営する施設です。
特定施設入居者生活介護の指定を受けている為、施設常駐のスタッフによる介護サービスを受ける事が出来ます。
食事や清掃、身体介護、リハビリ、サークル活動、レクリエーションなど、施設のスタッフによる幅広いサービスが受けられます。
受け入れる高齢者の要介護度の幅と、提供するサービスの幅が広く、施設によって異なります。
介護度が重い方が多い施設に、自立の方が入ると、窮屈に感じる場合もあります。
施設のスタッフの人数が限られている為、どうしても介護度の重い方がサービスも多く入っている為、優先になりがちで、自立している方に手が回らない傾向がみられます。
介護付き有料老人ホームでも、「一般型」「外部サービス型」の2種類があり、
「一般型」では外部サービスが受けられず、施設のスタッフによるサービスのみ受けられます。
介護スタッフの人数が限られている為、施設側のペースで介護を受ける事になりがちです。
介護度が低い場合で、介護サービスをほとんど利用しない場合でも、介護費用は一定額です。
「外部サービス型」では、「住宅型有料老人ホーム」のサービス内容とほぼ同じで、外部サービスを利用する事が出来ます。
その為、施設のスタッフの人数が少なくても、外部サービスを利用する事により、比較的自分の好きな時間にサービスを受ける事が出来ます。
介護付き有料老人ホームの選択は、施設側のサービス内容をきちんと確認する必要があります。

メリット

施設常駐のスタッフによる介護サービスを受けられる為、24時間体制で介護サービスを受ける事が出来ます。
施設により、介護職員だけでなく、看護職員も夜間常駐している所もあります。

レクリエーションや共用設備が充実しています。
しかし、施設のスタッフの人数が足りない場合などは、レクリエーションが少なかったり、実施しなかったり、と言う施設もみられます。
レクリエーションを重視する場合は、施設に確認したり、あらかじめレクリエーションを行っている時間帯に見学に行くなど、確認した方がいいでしょう。
午前・午後の2回行っている施設と、午後のみ行っている施設が多いです。

重度の介護状態でも、住み続けられる施設もあります。
看取りまで行っている施設もあります。
その場合は、医療機関と提携しており、緊急時は医師が施設まで来訪するので、施設内で診察を受ける事が出来る施設もあります。

医療ケアに対応する施設が多いです。
看護師が常駐している為、簡単な医療処置を受ける事が出来ます
胃ろう、褥瘡などがあっても、受け入れ可能な施設が多いです。

施設の数が多い為、選ぶ側の選択肢が幅広くあります。
費用やレクリエーションなど、何を重視するかある程度考え、希望に合った施設を探す事が出来ます。

デメリット

民間事業者が運営している為、他の施設に比べて費用が高い傾向がみられます。
費用が高い施設は、自立している方が多く、レクリエーションなどの娯楽系サービスが充実している傾向がみられます。
逆に費用が安い施設は、介護度が重い方が多く、身体介護などが重視され、スタッフの人数も限られている為、レクリエーションなど娯楽系サービスがほとんど行われていない施設もみられます。

自立している方が入居出来る施設が少ない傾向がみられます。
入居一時金や月額利用料の費用が高い施設は、自立している方を多く受け入れる施設が多く、費用が安い施設は、介護度が重い方を多く受け入れる施設が多くみられます。
民間事業者が経営している為、この様な傾向がみられます。

費用

入居時に入居一時金の他、毎月月額利用料がかかります。
入居一時金は立地や設備などにより、無料の施設から、数千万円かかる施設もあります。
無料の施設の場合は、月額利用料を高めに設定している施設もあります。
毎月かかる月額利用料は、平均10万円~30万円程度です。
退去した場合の入居一時金の払い戻しや、月額利用料の内訳は、利用する施設によって異なるので、施設側に確認する事が必要です。
費用に見合った施設かどうかも見極める必要があるでしょう。

サービス

介護職員による食事介助や排泄、入浴などの身体介護、各種レクリエーション。
看護師による服薬や健康管理、医療処置。
理学療法士や作業療法士、相談員などによる、リハビリテーションやカウンセリング。
管理栄養士や調理師による、食事の提供などのサービスが受けられます。
清掃や洗濯などは専門のスタッフがいる施設や、介護職員が行う施設もあります。
服薬も施設によって異なりますが、介護職員が行う施設が多い傾向がみられます。
理学療法士や作業療法士は常駐ではない施設も多いので、リハビリテーションを重視するなら、施設に確認した方がいいでしょう。
通院などの送迎や付き添いのサービスも提供されます。

設備

基本的な設備は、居室、浴室、トイレなどの共同設備、リビングやダイニング、コミュニティルームや団らんスペースの他、
理美容室、医務室、キッチンや売店など、入居者の要望や入居費用に応じて、豊富なバリエーションが見られます。

基本的に居室は個室ですが、稀に多床室がある施設も見られます。
2人床や3人床の居室の場合は、月額利用料を低く設定している施設が多いです。
ほとんどの施設が、ベッドは設置してありますが、合わない場合は外部サービスや自費で変更する事が出来ます。
クローゼットも設置している施設が多いですが、入居者が今まで使用していたタンスなどを持ち込む事も可能です。
他にもテーブルやイスなど、今まで使用していた物を持ち込む事が出来ます。
入居者の住み易いように、居室の広さなどで制限もありますが、自由に設置する事が出来ます。

浴室は、個浴、機械浴、大浴場など施設によって異なります。
自立している方や、浴槽を跨ぐ事の出来る入居者は、介護職員付き添いの下、個室を利用する事が出来ます。
車いすの方や寝たきりの方は、ストレッチャーなどの機械浴を利用する事が出来ます。
3人~7人程度が一度に利用出来る、大浴場が設置されている施設もあります。
基本的に自立していて、自分で入浴出来る入居に限られますが、温泉の様な浴室がある施設もあります。

トイレは、各居室内に設置している施設がほとんどでしょう。
居室内のトイレの他に、共有スペースにも設置されています。

ほとんどの施設に食堂があり、入居者は食堂で食事を取る事になります。
体調不良の場合や、本人希望などで居室で食事を取る事も可能です。
食堂が団らんスペースになっている施設もあります。

その他に、アトリエ、麻雀、図書室、ビリヤード、機能訓練室、フィットネス用具などの設備がある施設もあります。
施設によっては、ゲストルームがあり、遠方から来た面会者が宿泊する事が出来ます。

入居一時金や月額利用料に大きく影響してくるのが、この設備の仕様です。

入居の基準

基本的に幅広い状態の方を対象としています。
原則65歳以上の方を対象としている施設が多いですが、50歳以上から受け入れ可能となっている施設もあるので、希望する場合は確認してみた方が良いでしょう。
「要介護1~65歳~」
「感染症にかかっていない」
「身元引受人がいる」
など独自の基準を設けている施設もあります。
医療体制なども異なるので、受け入れ可能かどうか確認する必要があるでしょう。

入居難易度

施設数も多く、立地や設備などの条件が良ければ費用が高めになるので、待機者がほぼありません。
しかし入居率も82.2%と高いので、早めに確認した方が良いでしょう。

LINEで送る
Pocket

住宅型有料老人ホームとは…

LINEで送る
Pocket

住宅型有料老人ホームとは…

民間事業者が運営している施設です。
特定施設入居者生活介護の指定を受けていないので、介護保険は外部サービスを利用する事になります。
自宅に近い施設様式な為、住み慣れた我が家に近い状態で生活する事が出来ます。
近年は居住する事を目的とした施設から、介護付き有料老人ホームと同様、入居者が楽しめる様なサークル活動やイベント、レクリエーションを実施している施設が増えてきました。
介護付き有料老人ホームと違い、外部サービスを利用する為、見守り・食事などの生活支援のみのサービスなので、職員の人員配置基準はありません。
ただ、施設独自で基準を設けている施設もあります。

メリット

近年は、入居者が楽しめる様なサークル活動やイベント、レクリエーションなどが充実しています。
毎月1回開催される誕生日イベントや、納涼祭などの大きなイベントの他、クリスマス会やボランティア団体の演奏などが行われる事もあります。
毎週1回、習字教室や陶芸教室、ハンドメイドなどが行われる施設もあります。
ただし、介護職員の人員に余裕がなければ、行われない施設もあります。

介護サービスは外部サービスを利用する為、介護度が軽い方は介護付き有料老人ホームより、比較的月額利用料が安く済みます。
月額利用料には介護サービスが含まれていない為、外部サービスをあまり利用しないと言う方は、費用が安くなります。

介護サービスは、外部サービスを利用する為、入居前に利用していたサービスを継続して利用する事が出来ます。
外部サービスは自分で選んで利用する事が出来る為、そのサービスが合わない場合は変更する事が出来ます。
入居前に利用していたデイサービスなどがある場合は、継続して利用出来るか、事前に確認した方が良いでしょう。

外部サービスを利用する事により、介護度が重い方や、医療依存度の高い方も入居出来る事もあります。
同法人内にクリニックや訪問看護の事業所が近くにある事が多いので、医療依存度の高い経管栄養や膀胱留置カテーテルを利用している方も入居出来る事があります。
その為、看取りまで対応している施設が多いので、終身での利用が多くなっています。

デメリット

介護度が高いと、介護サービス費用が高くなる事があります。
介護付き有料老人ホームは月額利用料に含まれている為、自立の方も介護度が重い方も一律ですが、住宅型有料老人ホームでは外部サービスを利用する為、サービスを利用したらした分だけ、介護サービス費用が高くなります。
介護度が高い方は、必然的にサービスの使用頻度が高まる為、上限を超えやすく、超えた分は10割負担(つまり自己負担)になってしまいます。

一般的に入居金が高い傾向がみられます。
特別養護老人ホームなどの公的施設に比べ、民間事業者が運営している為、入居金を高く設定している場合が多いです。
しかし、稀に入居金無料などの施設もあります
その場合、月額利用料を少し高めに設定している施設もあります。

費用

入居時に入居一時金、毎月月額利用料が必要になります。
入居一時金は無料~数千万円月額利用料は12万円~30万円になります。
介護保険利用の場合は、自宅で訪問介護やデイサービスを利用する場合と同じように、介護度と地域によって1割負担で対応出来る上限額が決まっています。
介護度の高い方の場合は、必然的に介護サービスを利用する事が多くなる為、介護保険の上限を超えやすくなります
超えた分の費用は10割負担になってしまう為、10割が自己負担になってしまいます。
逆に、介護度の低い方では、利用した分のみ介護保険の1割が自己負担になる為、費用を少なく抑える事が出来ます
施設によって、月額利用料の内訳が違う為、事前に確認し、介護サービスを含めた金額を確認した方が良いでしょう。

サービス

基本的に介護サービスは外部サービスを利用する為、施設スタッフによるサービスは見守りや食事提供、掃除や洗濯などの生活支援サービスとなります。
緊急時の対応は、外部サービスではなく、施設スタッフによるサービスとなります。
外部サービスを利用する場合、排泄介助、入浴介助、食事介助、リハビリテーション、カウンセリングなどは、外部サービスのサービスになります。
デイサービスやデイケアの利用も、外部サービスとなります。
しかし、同法人内に訪問介護事業所などを設置している施設も多く、その訪問介護事業所の介護スタッフが施設に常駐している事が多い為、常駐のスタッフによるサービスが行われます。
外部サービスを利用する為、施設で生活しながらも在宅と同様、色々な介護保険の外部サービスを利用する事が出来ます。
近年では、介護付きと同等のサービスを提供する施設が増えた為、要介護度が重くなっても生活を継続出来る施設が増えてきました。
医療面では、看護師の体制が施設によって違う為、医療依存度が高くなると退去が必要になってくる場合もあります。
どの程度の状態まで受け入れ可能か、あらかじめ施設に確認した方が良いでしょう。

設備

居室は個室の施設が多いですが、稀に2人床、3人床などの多床室のある施設もあります。
他に食堂と共同リビング、健康管理室、相談室、理美容室などがあります。
居室内にはトイレと、キッチンがある施設もあります。
館内のバリアフリー化や緊急通報装置の設置、車いすや寝たきりの方まで入浴可能な機械浴のある施設や、談話の出来る共有スペースやリハビリルーム、カラオケ、麻雀卓などの設備が充実している施設もあります。

入居の基準

基本自立の方を対象としています。
しかし外部サービスを利用する事により、要支援の方や要介護の方も受け入れる施設もあります。
その他、
「伝染病の有無」
「身元引受人がいるか」
など、施設によって受け入れが可能なのかが様々なので、施設に確認した方が良いでしょう。
また、どの様な状態になったら退去しなければいけないのか、なども確認しておきましょう。

入居難易度

施設数が年々急激に増えており、現在有料老人ホームの約3割が住宅型有料老人ホームとなっています。
その為、条件が合えば入居は難しくありません。
しかし、入居率も83.3%で、6年連続で上昇しているので、入居を考えているなら早めに問い合わせ方が良いでしょう。

LINEで送る
Pocket

介護施設一覧

LINEで送る
Pocket

介護施設には色々な種類があります。

それぞれの施設の特徴を知って、自分に合った施設を探す事が大事です。

費用や設備、医療体制や介護職員の人数、何を重視するかを考えておきましょう。

 

民間事業者

・有料老人ホーム

・グループホーム

・シルバーハウジング

・高齢者向け住宅

  • サービス付高齢者住宅
  • 高齢者専用賃貸住宅
  • 高齢者向け優良賃貸住宅
  • シニア向け分譲マンション

 

公的施設

・介護保険施設

  • 特別養護老人ホーム
  • 介護老人保健施設
  • 介護療養型医療施設

・福祉施設

  • ケアハウス
  • 養護老人ホーム
LINEで送る
Pocket

有料老人ホームとは…

LINEで送る
Pocket

有料老人ホームとは…
民間事業者などが、都道府県に届け出て運営する介護施設で、介護付き」「住宅型」「健康型があります。
入居者の介護度は様々で、要介護3以上の入居者も多くなってきています。
経営的には、報酬単価が高い要介護者を受け入れる傾向が高まってきています。
介護職員や看護師など、職員の配置人員が決まっています。
介護職員が、入居者3人に付き1人、2.5人に1人など施設によっても違いますので、介護職員の配置人数が多い施設の方が、手厚い介護を受けられるでしょう。
施設により、食事内容や余暇活動のスタイルが大幅に異なります。
ホテルの様な食事を提供する施設や、余暇活動を行う余裕のない施設もあります。
事前の説明ももちろんですが、実際に目で見て確認する方がよいでしょう。
費用は…
入居時に入居一時金と、毎月の月額利用料がかかります。
立地や設備などにより、入居金が無料から数千万円までと、施設により異なります。
入居金が高額な施設は、ホテルのような高級感があり、食事や余暇活動に力を入れている傾向がみられます。
比較的、自立されている入居者が多くみられます。
月額利用料には、賃料・管理費・食費・水道光熱費が含まれます。
平均月額12万~30万円程度になります。
その他に、保険の1割負担や、必要なら医療費、オムツ代などが別途かかります。

入居基準は…
原則65歳以上の方が多いですが、50歳から入居可能など、独自の基準を設けている施設もあります。
施設により要介護認定を受けていなければいけない、などの基準を設けている施設もあります。
24時間看護師を配置している施設もあり、認知症・胃ろう・IVHなど重度な病状や、梅毒・結核・MRSAの感染症を患っていても入居可能な施設もあります。
様々な症状を抱えていても、一度施設へ相談してみると受け入れが可能な場合もあります。

LINEで送る
Pocket

いわゆる老人ホームとは…

LINEで送る
Pocket

いわゆる老人ホームとは…
一般的に要介護認定を受け、かつ自立生活が困難な高齢者が入所する施設です。
近年、要介護者の増加・介護者の高齢化・老々介護などといった、高齢化に伴う介護の問題があげられます。
要介護者の受け入れ先や、介護者の身体的・精神的負担を軽減する目的のひとつに、この老人ホームがあります。
老人ホームで受けられる介護保険法上のサービスとしては、施設サービス・特定施設入居者生活介護があります。
法律上、これらに該当するものは、有料老人ホーム・老人福祉施設があります。
施設サービスを受けられる施設は、老人福祉施設。
特定施設入居者生活介護は、有料老人ホーム、ケアハウス、グループホームなどがあげられます。

 

施設サービスとは…
介護保険上、施設サービスを受けられるのは、老人福祉施設だけになります。
老人福祉施設は、
・特別養護老人ホーム
・介護老人保健施設
・介護療養型医療施設
の3施設になります。
施設サービスとは、施設に入所して受けるサービスの事を言います。
要介護1以上の高齢者が利用する事が出来ます。
1人1人の体の状態や、必要としているサービスなどに応じた施設に入所する事が出来、ケアマネジャーが作成する施設サービス計画に従って、サービスが提供されます。
食事・排泄・入浴などのサービスの他、介護老人保健施設や介護療養型医療施設では、医師の管理の下の介護やリハビリテーション、療養管理、看護などのサービスも提供されます。
この特別養護老人ホームなどの3施設でも、短期入所生活介護(ショートステイ)などは、居宅サービスの提供になります。

 

特定施設入居者生活介護とは…
特定施設入居者生活介護は、特定施設に入居している要介護者に、その特定施設内において介護サービス計画に基づいて行われる、入浴・排泄・食事など、その他の日常生活又は療養上の世話、機能訓練を指します。
要支援者は、介護予防特定施設入居者生活介護になります。
特定施設とは、民間事業者などが都道府県に届け出て運営する、有料老人ホーム・ケアハウス・グループホームなどがあります。

LINEで送る
Pocket